ミサワホーム 失敗

ミサワホームの失敗点

ハウジングメーカーのなかで、どこを選ぶかというのは、かなり大きな選択です。できれば失敗したくない、と思うからこそ、迷ってしまうものですが、とはいっても失敗の事例というのは、どのハウジングメーカーでも聞かれます。

 

 

こういった失敗事例を知る事で、自分の時にはそれを防ぐように最善の策をとりたいものです。

 

 

トップクラスのハウジングメーカーの中でも、独創的な家づくりで定評があるのが、ミサワホームです。

 

 

ただ、失敗の事例というのも、口コミなどで見ることができます。たとえば、設計について、「失敗した」と感じた方もいるようです。ミサワホームで家を建てる場合に、設計はミサワホーム本体ではなく、代理店が担当することになります。そのため、なかなか自由がきかないということが多いようです。

 

 

入口の説明やパンフレットなどでは、自由設計を謳っていたりもしますが、実際の施工においては、木質パネルとなり、これは工場生産のものになります。そのため、あまり自由な要望をしても、そういった細かい修正には対応できないという事が多いのです。

 

 

また、こういった施工や、それ以外のプランニング、オプションなどのことでも、最初の話と、施工が進んでからの状況が一致しない、ということで、失敗を感じている方も多いようです。これは、往々にしてミサワホームの営業さんと、うまく交渉や調整ができなかった、という事例になるようです。

 

 

ミサワホームは代理店制度を取っており、車のディーラーなどと同じような感じになりますので、ミサワホームの営業も、代理店により営業マンの対応はまちまちです。あたりまえですが、有能な営業マンもいれば、そうではない営業マンもいます。

 

 

そういった中で、商品の説明ばかりで、具体的な設備の話が一切できない営業だった、とか、専門的な回答をもらえなかった、というようなことがあり、不安を覚えたままの契約となってしまったり、そういった点で失敗を感じている方も多いのでしょう。

 

 

ミサワホームの評判と口コミのTOPへ戻る

無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。↓クリック