ミサワホーム 評判

無料!各ハウスメーカーの間取りプランや支払総額がもらえます。

 

いろんな会社の間取りが参考にできるので、おすすめです♪

 

ミサワホームの蔵のある家の評判

多くのハウジングメーカーの中でも、トップクラスのハウジングメーカーとして人気なのが、ひとつとして挙げられるのがミサワホームです。
独創性のある家づくりが魅力として、定評があるハウジングメーカーです。

 

 

このミサワホームにおいて、何より有名なのが、「蔵のある家」だといえるでしょう。あまりハウジングメーカーやマイホーム事情に詳しくない方でも、「蔵のある家」シリーズといえば、耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

 

ミサワホームのこの「蔵のある家」は、グッドデザイン賞も受賞しています。
詳しく見てみると、「蔵のある家」というのは、1階と2階の間に大収納空間「蔵」を生み出すということが、何よりの売りになります。この蔵を作ることで、収納力を50%以上もアップさせているのです。

 

 

この「蔵のある家」が人気だったというのは、「蔵のある家」の特許が切れた途端に他社も似たような商品を売り出しはじめたことからも、うかがい知ることができるでしょう。

 

 

「蔵のある家」の中では、1階と2階の間に、天井高1.4mの収納を設けています。これを、ミサワホームでは「蔵」と呼んでいるわけです。発売開始は、1994年でした。それまで、そのような住宅の収納は、地下あるいは小屋裏といったかたちでしたので、これは本当に画期的で、かつ独創的なものだったといってよいでしょう。

 

 

この、1階と2階の間に、天井高1.4mの収納、というアイディア自体、そこには法律の大きな壁があるといわれていました。法的には2階建てではなく、3階建てになってしまい、全体の立てつけが大きく変わってきてしまいます。

 

 

そこをクリアし、当時の建設大臣認定を獲得したというのがこの「蔵のある家」なのです。

 

 

このシリーズは、本当に巷でも一気に大ヒットとなりました。そして、これがミサワホームが知られるゆえんともなりました。
こういったヒット商品をはじめ、個性的な商品で評判が高いのが、ミサワホームです。

ミサワホームのmj woodの評判

数あるハウジングメーカーの中で、自分にあったところを選ぶというのは、なかなか大変です。

 

 

各ハウジングメーカーの出しているそれぞれのプランや商品を比較してみることも大切です。

 

 

こういった中、トップクラス・大手のハウジングメーカーのひとつとして挙げられるのがミサワホームになるかと思います。その中でもミサワホームは、独創性のある家づくりで、定評があるハウジングメーカーとなります。

 

 

このミサワホームが出している商品のひとつが、MJ-WOODです。

 

 

MJ-WOODは、ミサワホームにおいて、第三のブランド、とか、サードブランド、等ともよばれています。というのは、もともと、ミサワホームはプレハブ住宅がメインだったという背景があります。

 

 

そのため、元来ミサワホームでは、木質系と鉄骨系というのが、2つの主流でした。そこに登場したのが、このMJ-WOODなのです。そのため、もともとあった二つのブランドの次のブランドとしてMJ-WOODがサードブランドと呼ばれているのです。このサードブランドとしてのMJ-WOODについては、ネットなどでも、いろいろな口コミが出ています。

 

 

評判については、まだ年月が浅いのでそこまで定着はしていないものの、注目されている1つの商品といえるでしょう。

 

 

そして、MJ-WOOD工法についてですが、これまでのミサワホームのプレハブとは違い、木造軸組となっています。

 

 

このMJ-WOODの評判としては、耐震木造というところに、ポイントが置かれています。柱と梁、筋交いで構成される伝統的な手法に、構造用集成材と接合金物、構造用合板などをあわせているのですが、こうすることによって、一般的な木造軸組にくらべても、高い剛性を持たせるようにしているのです。

 

 

なお、このMJ-WOODですが、正確にはミサワホームの関連会社「ミサワMJホーム」(2011年7月設立)の商品となります。
こういった、集成材と金物を使った「耐震木造」という点が特徴的だといえるMJ-WOODですが、ミサワホームグループのあらたな主力商品として、今後が期待されているところになるといえるでしょう。

ミサワホーム、ハイブリッドの評判

ミサワホームといえば、「蔵のある家」シリーズがとても有名になっています。家を探したり、展示場などにいったことのあるひとであれば、耳にしたことのある人も多いでしょう。

 

 

この「蔵のある家」シリーズがヒットしたミサワホームですが、これ以外にも、個性的な商品を出しています。

 

 

そのひとつが、ミサワホーム ハイブリッドです。ネットなどで見てみても、このハイブリッドのラインは、評判がよいといえるでしょう。

 

 

たとえば、ミサワホームのハイブリッド、シエナですが、これは鉄骨住宅で大開口と大壁面で構成されているのが特徴のつくりになっています。この中で特に評判がよいのが外壁で、外壁はかなりの耐久性があるつくりになっていて、特殊なこーディングによって、30年間、色あせや変色のない、きれいな色合いを保てるようになっているということです。

 

 

また、防水性能に優れた「テクニカルコートS」によって、雨にも強いので、これも評判がよいところになります。

 

 

これ以外にも、ミサワホームのハイブリッドシリーズには、色々なコンセプトを持たせた商品があります。たとえば、自然と調和するつくりの家だったり、環境に優しい家、エネルギー効率の良い家、などです。

 

 

たとえば、ハイブリッド シエナに、太陽光発電とエネファームを取りつける、というようなことも可能です。こうすることによって、ダブルの発電を導入することもできます。そうすれば、ゼロコスト住宅を実現することもできます。これについても、環境意識の高い方からは、評判の高いプランとなっているようです。

 

 

ただ、太陽光発電やエネファームのように、プラスで追加していくと、やはり坪単価はあがってきてしまいます。なので、予算のとの調整は必要です。評判などで見えてくるミサワホームのハイブリッドの坪単価はだいたい約70万円程度か、それ以下、くらいのようです。

 

 

ただし、これよりももっとオプションなどを抑えていけば、50万円程度からの単価設定も可能だということがいえるでしょう。

ミサワホームの口コミを紹介

マイホームを建てるにあたって、たくさんのハウジングメーカーの中から1つを選ばないといけません。どうやって選べばいいか、と迷ってしまいますが、夢のマイホームを建てるわけですから、慎重になってきます。

 

 

こういった中で気になってくるのが、やはり口コミではないかな、と思います。

 

 

いろいろなハウジングメーカーのホームページはありますが、そこに載っているものだけだと、やはり実感値がないものになりますよね。

 

 

こういった中で、ミサワホームの口コミを見てみると、実際いろいろなものがあります。いいものだけではなく悪いものもありますが、こういたものを偏りなく見ていくことが大切です。

 

 

ミサワホームの口コミで、いい評判が多いのが、やはり蔵のある家です。この設計は、2階建てでも、かなり広い収納スペースを確保できるということで、建てた後にもかなりの満足度があるようです。

 

 

ただ、逆に、この蔵のある家ばかりを勧められた、というような口コミもあったりします。

 

 

また、いいにも悪いにも多いのは、ミサワホームの営業についての口コミです。とてもよかった、というものもありますが、とても悪くて、家を建てた後にも、まだトラブルをひきずっている、というようなものもあります。

 

 

また、最初の段階において、営業さんの知識があまりない、質問の答えが専門的ではなかった、というような口コミも見られます。

 

 

これは、ミサワホームの営業というのが、基本的に車のディーラーのような、代理店形式になっているためもあるでしょう。そのため、その代理店、その営業によって、大分違いがでてしまうわけです。

 

 

なので、よい営業さんだった場合には、よい口コミが乗りますし、悪い営業さんだった場合には、悪い口コミとなってしまうのです。

 

 

ただ、ミサワホーム自体は、独創性のある家を作るという点では、やはり口コミでも評価のあるところになりますので、そういった点を鑑みると、定評があるハウジングメーカーともいえるのではないでしょうか。

ミサワホームの坪単価

マイホームを建てるときに、やはり気になるのが、坪単価です。色々なハウジングメーカーの坪単価を比較して、コストメリットのある家を選ぶというのは、賢い方法だといえるでしょう。

 

 

こういった中で、検討するにあたって、トップクラスのハウジングメーカーのひとつとして挙げられるのがミサワホームになるかと思います。とくに、ミサワホームは、独創性のある家づくりで、定評もあるところです。とくに、「蔵のある家」シリーズといえば、耳にしたことのある人も多いでしょう。

 

 

基本的なところでいうと、ミサワホームの坪単価の目安は、65万〜75万円といわれています。

 

 

この中でも、「蔵のある家」が主力商品となっています。注文住宅で建てる人の半分以上が、これを選ぶというのですから、人気のすごさを知ることができるかと思います。

 

 

「蔵のある家」というのは、1階と2階の間に、天井高1m40cmの収納スペースを設けており、ここを収納スペースとして利用できるのです。

 

 

ただ、この面積が階数にはカウントされないということで、実質3階建てに近いスペースを持ちながら、2階建ての延べ面積とできるところに、坪単価以上のメリットがあるといえるのです。

 

 

これ以外の商品もあり、今ミサワホームで新たな商品として人気なのが、「スマートスタイル」です。この「スマートスタイル」は完全な自由設計ではなく、イージーオーダー的な感覚のプランとなっています。

 

 

このスマートスタイルの場合には、坪単価の目安は、55万〜65万円となり、坪単価としても、割安になっています。

 

 

ミサワホームの坪単価を見てみると、だいたい中堅どころの単価感という印象になるかと思います。

 

 

大手積水ハウスなどは、坪単価60万円が最低ラインになってきたりしますので、大手として比べると、手が届きやすいタイプだといえるでしょう。さらには、完全な自由設計ではないスマートスタイルを選ぶことで、比較的安価に建てるということも選択可能になっています。

ミサワホームの値引き

予算が無限にあるわけではありませんので、いろいろなハウジングメーカーの中から、コストパフォーマンスのいいハウジングメーカーを選びたい、と思うところです。

 

 

インターネットや、カタログなどで、各ハウジングメーカーの出している価格帯や単価を見ることもできます。ただそこに載ってこない数字というのもある場合があります。それが、値引きです。

 

 

値引きについては、ハウジングメーカーによっても差がありますが、各ネットの口コミなどで、色々な情報ををみることができます。

 

 

こういった中で、ミサワホームの価格、そして値引きの傾向をみてみたいと思います。

 

 

ミサワホームの値引きですが、総じていうと、「いいディーラーに出会えれば、いい値引きをしてもらえて、安く上げられる場合もある」といった感じのようです。

 

 

大手のハウジングメーカーの中でも、値引きについては、その対応や傾向というのは、分かれてくるところです。基本的に、ベースが高いハウジングメーカーというのは、オプションをつけることで、そこから値引、というようなパターンが多く、それに比べて、値段自体のリーズナブルさを売りにしているハウジングメーカーの場合には、かなりの大幅値引きがあった、という口コミもよく見かけるのではないでしょうか。

 

 

具体的に、ミサワホームの値引きについてですが、やはり、そこは交渉となります。契約にあたって、うまく値引き交渉を進めるには、まず、最初が肝心だといいますlというのも、ミサワホームの値引きにおいて、値引きは支店長が決済するというのが通常らしいです。

 

 

なので、支店長が最初に挨拶にきた時が、大事なのです。最初に、どの程度値引きを応じてもらえるのかを聞いておきます。こういった根回しをして置いた上で、最終仕様が固まった段階で、契約書に捺印をする前に、どれくら値引いてもらえるか、いくらくらい値引いてほしいのだが、という形で交渉してみるのが、ミサワホームの値引きとしては、効果的だといえるようです

 

 

また、他のハウスメーカーと迷っていますという感じで値引き交渉を行います。

 

 

下記のサイトで事前に他ハウスメーカーの総額を調べておいてくださいね。他社の値段を知らずには値引き交渉が進めにくくなりますので・・・。

 

 

また、他メーカーの間取りプランも無料でもらえるので、間取りに失敗なく家が建てれそうですね。